我が家はいつでもレストラン

パーティーコーディネーターでした。 ニューヨーク郊外の山荘で、採れたて野菜と果物と花達にかこまれて・・・お料理作り、楽しんでいます。
TOP料理 ≫ お茄子が採れたから

お茄子が採れたから

お茄子で麻婆茄子!



ずっと以前・・・もう15年以上前に成るでしょうか?この家を別荘に買う少し前の事ですが・・・週末にはNYの郊外に1泊で出かけていました! キャッキールの高原で見かけたこの草花・・・Manhattanで毎日多忙に過ごしいた私を癒してくれた草花です! 

Manhattanで花屋を3軒経営ていましたので・・・毎日かぞえきれない程のお花を見ていますのに、仕事で見る花は・・・仕事の対象でしかなく、ゆとりを持って眺める事など有りませんでした。

Manhattanの住まいをこの別荘に3年ほど前に移して・・・出かけた先の道端に咲いていたこの花を見つけた時は、とても嬉しく・・・秋に成って花も枯れ種が採れる頃に出かけて・・・持ち帰りました!ほんの数本しか育たなかったのですが・・・家人が頑張って増やしてくれました! 今年は吃驚するほど・・・私道脇に咲いています!(*^^)v感謝~~です!



さもない草花


早朝に咲きお昼過ぎにはしぼんでしまう・・・一日花ですが、薄い水色が原っぱに点在しているような~~気持ちを癒してくれるお花です!  花屋で扱うお花と違って・・・自然の中でたくましく生きて行く、この花を見ていると私も命の洗濯が出来たように清々しい気分になります!

待ちに待って・・・



ラフテー丼で家人のlunch


豚の三枚肉の塊を買って来て・・・纏めて作っておきました豚の角煮は、分けて冷凍しておきます。
*角煮を作る日は牛蒡も一緒に煮ています。

この角煮と牛蒡を使って・・・ラフテー丼・・・胡瓜、和布、チリメンジャコの酢の物で家人のお昼です。


ラフテー丼



今年はお茄子の出来が悪く・・・虫に遣られてしまい何度か植え替えました。やっと採れた茄子を使って・・・(麻婆茄子 *ゴーヤチャンプル  *空芯菜炒め *干鱈のコチュジャン炒め煮)

tableの上は寂しいのですが・・・後程、2種ほどお料理を!


麻婆茄子で・・・

麻婆茄子

何時もは素揚げにしませんが・・・やっと採れた我が家の茄子ですから、チャイニーズrestaurantのように一度油通しをしています。(しかし、その必要は無いかな?と・・・油通しをすると、当然の事ながら茄子が油を吸って、油ぽくなります)
次回から・・・いつものように、油通しなしで!

挽肉を使わず・・・牛肉を細かくcutして使いました。


麻婆茄子

ゴーヤチャンプル・・・いつもは卵も入れるのですが・・・朝食に卵を使いましたから、コレステロールを気にかけて使いませんでした。

ゴーヤもお豆腐も少し大きめにcutしてしています。少し苦みのあるゴーヤが好きです!


ゴーヤチャンプル

干鱈のコチュジャン炒め煮

私の大好きな干鱈の甘辛い炒め煮・・・私が作った訳ではありません。(作り方を知りません)家人がNJまで所用で出かけたので・・・パンチャンstore(有名な韓国の惣菜やさんです)で買って来てもらいました。

ちょっとスルメを甘辛くした感じですが・・・ビールが飲めると・・・最高の充てに!残念~~


干鱈のコチュジャン炒め煮

空芯菜の炒め


皆さま・・空芯菜お好きですか?私はお野菜の中では5本の指に入り・・・葉物では一番です! これも、途中の東洋marketに立ち寄って買って来てもらったものです。

大きな束で売っています!一度にはとても食べきれる量ではありませんので、3回に分けて使用しますが・・・残念ながら痛みが早く、3回連続で・・・食卓に出て来る事になります。

☆ 私は多めのオイルで空芯菜を炒め・・・隣で熱湯も沸かして置き、さっと火が通ったら・・・熱湯を注ぎ入れて、直ぐに水切りします。  大きなフライパンにoil、ガーリック、生姜を入れ・・・空芯菜も戻し入れて、味付けします!

以前はお醤油をさっと回し入れていましたが・・・今は出汁の素(パウダー)を袋を破って使っています。
これは時間との勝負で・・・写真など撮っていると不味くなりますので・・・kitchenのislandで撮りました。


空芯菜炒め






本日のオマケです!

見えますか?野兎の赤ちゃんです! 家人が家の前に車を止めておいたら・・・車の下に入っていました。 日影が良いと思ったのでしょうか? 

引かなくて良かった!!! おかあさん兎はよく見かけますが・・・赤ちゃんは初めて、凄く可愛い~~


野兎


本日もご訪問頂きましてありがとうございました。
Thank you for visiting!
       ⇓

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL