我が家はいつでもレストラン

パーティーコーディネーターです。 ニューヨーク郊外の山荘で、採れたて野菜と果物と花達にかこまれて・・・お料理作り、楽しんでいます。
TOP和、洋菓子 ≫ 簡単なのでレシピを!

簡単なのでレシピを!


Tiramisu' とても簡単です!


Italyの旅行中にcookingschoolにちょこっと入学?で習ったTiramisu'を作ってみました!



Italy・・・Florenceのcookingschool (若い学生さんたちが未来のシェフ&パティシェを目指して頑張っていました)

Italyのcookingschool




NYに戻って来て・・・早速Try!と思っていましたが、雑用も多く中々作れなかった?作らなかったティラミスを作ってみました。

とても簡単ですから・・・習ってきたレシピを書いておきます。 材料も作り方も、ビックリするほど簡単です!お気が向いたときにでもお作りになって頂けたらと思います。

espressoではありませんが、coffeeと共に頂きました!


teatime

火を使いませんから・・・卵は新鮮なのを!

卵は新しいのを


私たちに教えてくださったパテシェです!

パテシェ

このクラスの生徒は10名・・・それぞれ皆さん、頑張って作りましたよ!

☆ 山盛りのマスカルボーネ~~ (私の料理の味付けなどは・・・いい加減ですが、スイーツ&ブレッドはきちんと計量しています)


テラミースの材料

一応・・・材料は用意してテーブルに置きます。

レディースフィンガー

私のではありませんが・・・教室で作ったものです!

教室で


*レシピです!

6人分   (作る時間30分+冷蔵庫で冷やす時間が2時間ほど)

Ingredients 材料はたったのこれだけです!

*マスカルポーネ(1ポンド=453g=16オンス)
*卵4個
☆マスカルポーネと卵はroom temperatureにしておきます
*レディスフィンガー(12本~20本くらい・・・上に乗せるガニッシュ用共) 
☆もっと入れたければ、中に入れる量はお好きになさってください
*砂糖   12TBS (私は9TBSにしましたが・・・甘さはお好きなように調節してください)
*coffee 1カップ (普通のAmerican coffeeくらいの濃さです)
*ココア  (ココアはテラミスーの上に振りかける用です)


材料

preparation (レシピです)

1) 卵を黄身と白身に分けて、大きめのボールに入れておく
2)coffeeは作っておく
3)黄身を泡だて器(私はガァガーと電気の泡だて器でしましたが)で黄身が少し白くなるまでよく混ぜる
4)そこにシュガーを加えて・・・白っぽく成り、少しもったりするまでよく混ぜる
5)白身を泡立てる (少し角がたつまで、しっかりと泡立てる)
6)泡だて器でよく混ぜ合わせた(4)にマスカルポーネを少しづつ入れて・・・スパチュラで混ぜ合わせていく(一度に入れないで、良く混ざったら次を入れて・・・スムースになるようにする
7)この中に(5)で泡立てた白身も混ぜ合わせる(この時も、綺麗に混ざるように・・・少しづつ入れていく)

☆ここまでで殆ど完成

8)器にこのクリームを入れて→次にレディスフィンガーをcoffeeに浸してからこのクリームの上に置く
9)その上に残りのクリームをのせていく (トントンと器を台に打ち付けて均等になるようにします。スプーンの下側でなぜるようにすると綺麗になります)

☆ これを冷蔵庫に入れて2時間以上おいてください! 


これから冷蔵庫で2時間

* 冷蔵庫から取り出し、茶こしでココアを振りかけます。
*上に乗せるガーニッシュはお好きな果物などでも・・・レディスフィンガーも1つ乗せるとアクセントになります。!


ココアを振りかけます

これで出来上がりです!  coffeeやteaと共に如何ですか!

卵は新しいのを

☆書くと長くなりますが、作ってみると・・・これ以上簡単なスイーツは無いのでは?と思うくらい、時間も手間もかかりません!

☆ テラミスーは1日か2日の間に召しあがるようにしてください! 生卵を使い・・・火を通しませんから!




本日もご訪問頂きまして有難うございました。
Thank you for visiting!
       ↓




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL